2007年04月10日

白内障の手術A

手術は午後2時からの予定でしたが、前の患者のOPEが延びて3時からになりました。
手術が終わって病室に帰ってきた当人が言うには、「もう、痛くて」と。
何が痛かったのかといえば、手術した眼ではなく、手術前に細菌の感染を予防する措置として睫毛を摘むのですが、そのときつけるクリームのようなものが沁みて痛かったそうです。
入院する前に、経験者から「簡単でまったく痛いことはないよ」と聞かされていたので「話が違う」とご機嫌斜めでしたが、ともあれ手術は無事終了しました。

posted by せのをや at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | めがね道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。