2006年01月29日

石原東京都知事のメガネ

都知事が最近掛けているメガネ(ツーポイント)は
ドイツのローデンストック社製です。

ローデンストックは世界有数のメーカーで、過去には「リチャード」という
コンビネーションフレームが大流行したことがあります。

というのも、その時代の日本製フレームはまだ品質がよくなく、
特に部品をつないでいる「ロー付け部分」の強度はまことにお粗末でした。

いまから30年以上前ですが、私が東京の眼鏡学校に通っていた頃、
国産のフレームは「クリングスアーム」のロー付け部分は実に弱くて、
2、3度クネクネと曲げればすぐ外れてしまいましたが、
ローデンの枠は丈夫で滅多にロー離れすることはありませんでした。
また表面のメッキや張りもなかなか傷む事はなかったので、
たくさんの人々に愛用されました。
そして人気の高かった「リチャード」のコピーは山のように作られました。



posted by せのをや at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | めがね道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとお尋ねいたします。
 ここ数日の都知事のローゼンストックかと思われるフレームのメーカーをお解かりですか。
 最近のフレームについていけず、また昔風のフレームも少ないですが都知事のメガネが気に入っています。
 10年程前に購入し、よく似たラコステ(フランス製でした)のめがねを紛失し今はツーポイントを使用しています。
 
Posted by 中尾 at 2012年01月29日 08:45
ここ数日の、都知事の掛けているメガネのフレームメーカーが何であるのか、TVでしか拝見できないので全く分かりません。
Posted by せのをや at 2012年01月29日 12:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。